同志社大学理工学部電子工学科

光・電子回路システム研究室

研究班紹介

私たちが現在取り組んでいる研究について紹介します。

 

周波数安定化班

光通信や高精度計測技術の発展にとって極めて重要な意味を持つ周波数ゆらぎを,半導体レーザの量子雑音の極限以下に抑制し,新しいレーザ分光技術を開拓する研究

 
 

カオス班

半導体レーザを非線型光学現象に適用し,光のカオス状態を応用することによって全く新しい光メモリや光乱数発生,画像処理方式を開発し,カオス暗号化光通信など21世紀に向けた新しいディジタル光通信方式を確立する研究

ニューラルネットワーク班

半導体レーザを光コンピューティングに応用し,現在のエレクトロニクスデバイスに基づいたコンピュータを超える性能を実現できると期待される「光ニューラルコンピュータ」を開発する研究

 

 
 

自己組織化ネットワーク班

光非線型効果を利用した新しい自己形成型光ネットワーク(自律的に最適な通信経路を形成、障害が起こっても最適な迂回経路を自律的に形成、そして通信が傍受されないように自律的に防御するという機能を持つ光ネットワーク)構築に関する研究

光ファイバ通信班

マイクロ波フォトニクス/高速大容量光ファイバ伝送のサブシステムに関する研究